ADHD・起立性・季節性・パセドウ病・双極性等の病気・症状も改善していきましょう

「朝起きれない」「辛い」そんなあなたは季節性情動障害の可能性がある?

秋が深まって冬が始まるこの時期、朝起きることができない、

だから調子が出ない・だるい・気分が重い…といった症状が出ることはありませんか?

 

寒くなってきたから布団から出たくないだけ?

それは自分が単なるなまけ者だからではないか、こんな自分はなんてダメな人間なんだ…

とますます気分が落ち込む。それは自分がなまけ者でもダメな人間な訳でもなく

「季節性情動障害」という病気によるものかもしれません。
「季節性情動障害」とはどういう病気でしょうか。この病気は、ある季節にのみ、体のだるさ・疲れやすさ・気分の落ち込み…

といったうつ病にもにた症状がでる、脳機能障害の一種です。

また、10月~11月頃に症状が出始め、3月頃に治まる、といったサイクルを繰り返すことからこの病気は

「冬季うつ病(Winter Depression)」とも呼ばれています。
朝すっきり起きることができない…どうしてこの季節にだけ?やっぱり布団が気持ちいいからでしょうか?
それはお日さまと関係があります。冬になると日照時間の少なくなります。

 

日照時間が減少すると、体内時計を調整する「メラトニン」と、神経伝達物質「セロトニン」という2つのホルモン分泌に変化が生じる、

と言われています。「セロトニン」の分泌が不十分になると、

イライラする・不安になる、といった不安定な感情が表れ、

また、「セロトニン」は「メラトニン」の原料になるため、気分だけでなく、

夜に眠り朝に目覚めるという一日のサイクルにも影響をおよぼすのです。

 

 

 

季節性情動障害による目覚めの悪さの改善策とは?

 

 

対策として、一番大切のなことは、朝起きた時に、しっかりと体に日光を浴びることです。

毎朝忙しく準備をして、会社へと出かける方が多いと思いますが、

徒歩での出勤ならともかく、満員バスや電車、地下鉄などでの移動では、

十分な日光を浴びることなく会社に到着ということになってしまいます。

 

すると、覚醒ホルモンの分泌が減少し、朝目覚めてからいつまでもなんとなく眠いと言う状態が続いてしまうのです。

覚醒ホルモンの分泌が減少すると、夜になって徐々に分泌されるはずの、安定ホルモンも減少してしまいます。

その為、夜、頭や気持ちをリラックスさせ、睡眠に誘うことが難しくなってくるのです。

 

これでは、いつまでもだらだら眠く、寝ようと思っても深い眠りにつけず、目覚めも悪いと言う状態となってしまいます。

また、安定ホルモンのセロトニンが分泌されないと、イライラが増えたり、不安や恐怖心もいつも以上に感じてしまったりします。

これでは日常生活に支障をきたしてしまいます。

 

この改善策として、一番効果的なのは、毎朝しっかり日光浴することです。出来れば、

ベランダや庭に出て、大きく体に光を当てて深呼吸をしましょう。

 

そうすることで、体が「朝なのだ、目覚めなきゃ」ということを覚えてくれます。

するとそれ以降のホルモンの分泌も正常に行われるようになり、体内時計も正常に動き出すでしょう。

 

それでも改善されない場合は、心療内科に相談するといいでしょう。

精神科よりも身近で、ちょっとした悩みもきちんと相談にのってくれます。

案外話すだけで気持ちが楽になることがあるかもしれません。

 

また、不安を取り除く薬を処方してもらうと、それを持っているだけで安心でき

、心の安定がホルモンのバランスを整えてくれるかもしれません。

不安を取り除くクスリは体の緊張をほぐしてくれるので、

眠る前に飲むと、リラックスしてよく眠れ、翌朝の目覚めもすっきりするでしょう。

 

関連記事

最新記事一覧