ADHD・起立性・季節性・パセドウ病・双極性等の病気・症状も改善していきましょう

【仕事辛い】ADHDの病気の人に向いてる仕事と不向きな仕事とは?【日雇い労働・接客業】

ADHDの症状で悩む方の人口は、意外に多く日本では、人口の1.5%~2%の人(約240万人)に症状が見られるほど多いです。

これは無視できるレベルではありません。

 

実際は、自覚していない人も多いため、医者に相談していない人も含めると、10人から20人に一人程度の割合で、ADHDの症状がある人がいることも想定されます。

 

「仕事がなかなか続かない」「社会生活に馴染めない」という人はもしかしたらADHDかもしれません。

 

自分の特性を理解してADHDに適応する

ADHDは脳の器質的な部分に原因があるので、自分ではなかなか対処して改善するのも難しいですね。

 

自覚できればある程度、自分の特性を理解して、苦手なところを注意しながら生活することで、生活に適応しやすくなるそうです。
ところが自覚することが難しい症状ですので、周囲のサポートが非常に重要になります。

 

 

社会生活に適応することは難しい

ADHDの人は、とにかく社会生活に適応するのが難しいです。特に、普通の人と同じように仕事をするのも難しいというケースも少なくありません。

ADHDの人に適している仕事や、うまくやっていくポイントなどをまとめて紹介します。

 

ADHDの人が仕事を安定させるポイント

ADHDの人は、新しい事に臨機応変に対応するのが苦手ですね。新しい出会いや、仕事内容に慣れるまでに、普通より時間が多く必要な事が多いです。

 

仕事を安定させるためには、ADHDに理解のある人材に恵まれた会社や、いつも同じような作業を繰り返す仕事、自分のペースで作業できる仕事を選ぶことがポイントです。

 

 

ノルマを課せられる職は避けるべき

例を挙げると、営業職や日雇い労働、サービス業や接客業などは向いていない職種です。ノルマが課せられたり、プレッシャーを感じる職種、たくさんの人と関わる仕事は、本人にとってストレスが非常に強く長く続けられない原因になります。

 

仕事が続かなくて、日雇い労働や短期アルバイトなどを転々とするADHDの人もいますが、このような職種や仕事スタイルはADHDの人が安定収入を得るには難しいのです。

 

 

ADHDの適職

ADHDの人は、いつも同じ作業をするような仕事が適していると言われています。新しい作業やとっさのアイデアを駆使しなくても良い職種ですね。また周囲の人と、協調性をもつことも苦手なので、自分のペースで作業できる仕事が適しているようです。

 

 

具体的な職種でいえば、工場の検品などの作業勤務やポスティング、製造作業などですね。

 

また意外に思うかもしれませんが、フリーランスで働くことも、ストレスが少なくて済むので、安定して働きやすい環境といえます。
自宅でできるインターネットを利用した仕事なども、マイペースで作業ができるので適している仕事のひとつです。

 

ADHD患者はサポートのある環境作りが大切

いずれにしろ、ADHDの人は、ある日突然、思いついた行動をしてしまったり、会社に行きたくなくなったりと感情が変動することがあるので、安定して社会生活に適応するためには、症状を理解してサポートしてくれる存在が非常に重要になります。

 

 

家族やパートナー、ひとりで暮らしているなら、職場の同僚や地域の保健師さんなど、自分の症状をよく理解して、苦手なことや気が変わってしまいそうなときに支えてくれるサポーターがあれば、安定して仕事を続けることに多いに助けになります。

 

ADHDの人同士でSNSにて繋がる方法もあり

ADHDの人は、ちょっとした気候や気分の変化で、突拍子もない行動をしてしまったり、朝、定時に起きるというような日常生活を安定して送ることが困難になることがあります。

 

そのような状態になっても仕事を続けていくには、うまく安定した行動に誘導してくれるサポーターや、理解者の存在があると良いですが、なかなかそういった人とは出会えたりはしないかもしれません。

 

 

インターネットのSNSを利用して同じ症状の人同士で繋がるのは現実的な方法です。

 

まとめ

話がそれましたが、 ADHDの症状の人に向いている仕事ですがやはり、プレッシャーや誰かに強いられたノルマをやり続けるのは明らかに向いています。

 

 

自分で仕事の量を決められる仕事やフリーランスが向いているでしょう。

 

関連記事

最新記事一覧