ADHD・起立性・季節性・パセドウ病・双極性等の病気・症状も改善していきましょう

【朝早起きする方法】朝早起きがしたい場合は太陽の光がかなり重要?

人間の習性として、暗くなれば眠くなる、明るくなれば目が覚めるというものがあります。かつて太陽の光だけを明かりとしていた時代、その恩恵を存分に活用すべく作られた生活習慣は、今も人間の体の中に受け継がれています。
人間は時間によって一日を把握しますが、体の中では一日は、太陽の光の変化によってカウントされます。朝昼に日光を浴び、夜暗がりに身を置くことで、リズムがリセットされまた新しい一日への準備を始めるのです。
ですから日中でも日の光のない中で生活したり、夜いつまでもパソコンやテレビの強い光を浴びていたりすると、体内時計がリセットされず、体は朝なのか夜なのかを判断することができなくなってしまいます。それが朝早く起きられない理由であり、夜眠ることができない原因です。
早寝早起きという規則正しい生活習慣を送るためには、人口の光ではなく太陽の光を正しく浴びていくのが有効です。朝起きたらカーテンを開けてたっぷり日の光を浴び、家の中で過ごすときでもできるだけ日の光を中に入れ生活するようにしましょう。そうして夜は最小限の明かりで活動し、眠るときには暗闇を求めるように努めるのです。
朝日差しが入ってきやすいようにカーテンを薄手のものにし、窓際の光が差し込む場所にベッドを置いたり、枕を向けてみるのも早起きへの取り組みとして効果的です。目覚ましの音ではなく、日の光によって自然に目覚めを促されるというのは、この上ない至福だとも言われます。

 

 

早起きするのに目標があると早起きできる?

 

早起きをするということは、今の生活習慣を変えることにつながります。環境や習慣が変わるというのは、心理面で見ると体にも気持ちにも大きな変化が起きるので心構えを持っていないと早起きが難しい状態となってしまいます。習慣化させるには朝起きて何かをしなければ行けないという状態が必要となります。目標設定が曖昧な場合、理解が足りないので早起きが必要ではないのかという疑問を抱えたまますごことになりますので、スッキリせずに起きたまま悶々とした気持ちを抱えるので続けることは難しくなります。単純に、早く起きなければ飛行機や新幹線に乗らなければいけないという状況であれば、起きることは可能になりますし、友達や恋人と遊びに出かけるといったことであれば目覚ましも不要で待ち合わせ時間をより数時間早く起きると言った経験も持っている人も多いと思います。起きたら楽しいことがある起きなければ行けない理由があるこの二つを用意すれば、早起きが習慣化することが出来る上に楽しい1日を迎えられるようになります。毎日、楽しい予定という物が入るというのは難しいので、お手軽に取り組める方法として日記があります。今日の予定や昨日の出来事で感じたことや反省したことを朝に用意することで、これから1日過ごす前にどういった事をすれば楽しくなるか、嫌な事があった昨日を解消させるためには今日どう動けばいいかと自分のこれからの先の過ごし方を発見することが出来ます。1日をより良くするという大きな目標と日記を数分で終わる内容をつけるという目的が手に入るので次第と朝起きるのが楽しくなるので早起きが出来るようになります。朝日記やそれにまつわる考え方はたくさんの書籍があります。試してみたい方法でチャレンジすることで、義務や強制とならず楽しい習慣化が可能になります。

 

最新記事一覧