ADHD・起立性・季節性・パセドウ病・双極性等の病気・症状も改善していきましょう

【朝早起きするメリットとは?】朝早起きを始めてから収入が大きく増えた件

早起きはもう僕としては当たり前になったので、苦痛ではありませんが早起きの習慣を始めようと努力した時はとても大変でした。
早起きはは3文の得といいますが、正直3文ってどれくらいの額面なのか想像できませんでしたが、僕はある日からサラリーマンで一生を終えるのは嫌だし、もっと楽しく生きたいと思いました。
運動が好きだった事もあり、会社まで歩いて行く事をまずは始めました。歩いてもだいたい1時間で着くのですが、そうは言っても電車で移動する時に比べたら大変です。結果として、それは長く続きませんでしたが、その時にある本を読みました。世界中のお金持ちや成功を収めている人、企業人でも上位にいる人は早起きの習慣が多いというデータでした。頭に浮かんだフレーズが早起きは3文の得です。歩くのは体力的に厳しいがただ早く起きるのなら、出来そうだと、まずは歩くのをやめて早く起きて、ちょっとだけ掃除を始めました。また、会社に行くスーツも選んで、少しだけおしゃれにするようにしました。朝に時間的な余裕が出来たからです。自分でそう決めたら、夜は当然に早く寝ますし、仕事が終わったら、すぐに帰る習慣になりました。いつのころからか気がつくと早起きが当たり前になり、より早く会社にも出られるようになり、朝意外と早く出社している人も仲良くなり、ちょうどそのころ独立を考えていたので、フリーの人とかと交流する機会も生まれるようになりました。
結果として早起きは自分のためになり、自分に返ってきた感じがします。ちょっとの習慣ですが、それを守ろうとすると新しい習慣が生まれ、新しい時間の使い方が出来て、明日につながります。
早起きするためにはまずは心がけからでしょうか。現代風に言うなら早起きは3万円以上は特になると言えば良いのでしょうか。僕は年収が大きく増えたので、早起きは買ってでもしろとなりましたけど。
まずは始めてみる事だと思います。

 

 

早起きして収入が増えた人のボールを活用する早起き術

 

僕は朝起きが苦痛だと感じることは少ないですが、

もし仮に僕がそうだったとしたら、朝の目覚めを良くするためにやるだろうなと思ったのが、

専門家がテレビで言っていたことで恐縮なのですが、軟式野球のボールの、白いゴムボール(この硬さと、素材以外はしないこと)を、朝目覚ましがなったとき、ぐずぐすしている時に、寝た状態で、うなじにボールをあて、押し付けて寝ると、だんだん頭の方に適度に血が集まってきて、どんな人でも起きやすくなるんだそうです。

実験で寝起きが悪くなった人に、これをしてもらったところ、グズグズが3分になったとすごく喜んでいました。
今までは頑張っても10分くらいは、布団の中でグズグズしていないと起きられなくて、苦しかったんだそうです。

このように、あのボールをうなじに、交互に当てるだけなら、誰でもできますよね!
片側ずつ、あんまり強くやらない、当たって気持ちがいい程度でいいので、やると、すごく気持ちいいみたいですよ。
そして、きちんと起きられる!って、また、自信が蘇ってくるから、この方法が一番効くかも知れません。

朝、カーテンを開けて、太陽の光を入れるとすぐに起きられる、ともいいますけど、親でも子供と同じ部屋で寝ないといけない親などは、自分だけがその時間に起きないといけないときも多々あって、子供は起こせない…とか、そういう日もあるんですって。

そのため、カーテンを開け閉め自由にできるのは、1人部屋でそこに、自分しかいない人に限られるわけで、そうでない条件の人には、それがあまり使えなかったりとかもあるようです。

だから、インターネットなどで、そういうボールを購入し、簡単に起きられるようにしていくのがいいかと感じます。

最新記事一覧