ADHD・起立性・季節性・パセドウ病・双極性等の病気・症状も改善していきましょう

【朝起き辛い理由】朝に早起きできないのは低血圧が原因?

朝に早起きできない病気の一つとして考えられるのが「低血圧」です。

 

低血圧はその人の体質といえるもので、高血圧のようにすぐに死に至るような病ではありませんが、体が自分のいうことを聞いてくれず、思うように社会生活を送れなかったりするケースが多々あります。その一つに朝起きるのが辛いというものです。

 

「低血圧」は生活習慣病の一種

 

生活習慣病の一つなので、生活改善をすれば良くなることもありますが、やはり忙しさのせいで治療にも専念できない人が多いこと、現代の日本の医者もあまり問題視していない人も多いことから治りにくい病気でもあります。
薬に頼る治療法もありますが、とにかく自分の生活を整えることが第一で、疲労を貯めこまない生活を心がけるのが重要です。

 

まずは調子のいい時でも無理はしないこと。休息をこまめにとるなどして、気分転換を心がけるのがおすすめです。特に夏場は疲れやすい季節なので、長期休暇などをうまく利用しましょう。

 

症状改善にはストレスを溜め込まないこと

あとはストレスを溜め込まないのが大事です。休暇を使ってバカンスに出かけるのも改善方法の一つです。悪いことをしているわけではないので、定期的に休みをとるのも治療の一環と思いましょう。

 

何よりストレスになるのがよくないので、自分なりの気分転換の方法を持つのが最善です。

 

気候の変化も低血圧には悪い

 

ストレスは精神的なものばかりでなく、物理的な気候の変化などでも感じるものなので、季節の変わり目に早めに対処したり、浴槽に入り体を温めることも良いとされています。

 

生活リズムの乱れを正し、体への負荷を少なくしていくことで早起きもだんだんできるようになってくるでしょう。

 

 

関連記事

最新記事一覧