ADHD・起立性・季節性・パセドウ病・双極性等の病気・症状も改善していきましょう

【社会人から】ADHDと2次障害症状で抑うつ状態に苦しんだ経験と対策2つ【体験談・薬】

いつからADHDの症状に苦しんでいたのか?

社会人になってから苦しみました。どうしても、期限に間に合わなかったり、時間がかかりすぎていたり、ふっと忘れてしまったりと。学生時代では、笑って許してもらえたり、先生や親がフォローしていてくれていた部分が、すべて自分でマネジメントしなければならなく、全てにてんやわんやしていました。

 

ADHDだと落ち着けない

考えすぎてまとまらなかったり、考えていることを考えたりして
なかなか集中出来ませんでした。
一気にいろいろな事を考えるので、必要な事を忘れてしまったり、時間を忘れてしまったり、常に焦る気持ちが抑えきれなかったり、「落ち着く」ということができませんでした。

 
学生時代は、「学生」という身分上、護られていた部分や、
やり過ごしても、少しの問題で済んだのですが、社会に出ると、私のミスが直結し金銭問題になったりと、信用を失う事が多く、それも悩み(考える)タネになってしまい、本当に休まる事がなかったです。

ADHDと病名がついた経緯

自身ADHDと病名がつく前に、2次障害で「抑うつ状態」になってしまい精神科に受診しました。

 
幸か不幸か、業態は違えど製薬会社とやり取りがあったため、薬の知識がありました。
精神科で処方された薬に納得がいかなかったのですが、回復を信じ服薬を続けました。しかし、待てど暮らせど一行に症状が回復しませんでした。
不信感により、他の病院を探しました。

 
次に行った病院で、簡単なカウンセリングをしたところ、学生時代のエピソードを聞かれ、次回、学生時代の通知票を持ってくるように言われ、心理テストをした結果、「あなたは、ADHDです。間違いありません」
と、「前の精神科の先生は何だったんだ・・・」と思う速さで病名がつきました。

 
初めて聞いた病名だったので、先生にADHDの症状内容を伺うと、
「私の事を観察して、勝手に症状と言っているのではないか?」と疑うほどだったので、ADHDを受け止める事が出来ました。
前回は、精神科でしたが、今回は神経科も診ている先生だから良かったのかもしれません。

 

 

ADHDで服用した薬について

診断結果当初からストラテラを飲んでいます。薬単価があまりにも高すぎるので、
1割負担申請をし、今は1割負担で支払いをしています。
最初の1ヶ月目は、効果はあまりわからないのですが、2.3ヶ月の頃から、考え事をしている時に集中出来ていることに気がついたのです。

 
あれだけ、頭のなかが嵐のようであったのに、今は無風までは、いかないですが時たま強風くらいで、
以前の「風が強すぎて何が起きているかわからないレベル」というのはなくなりました。
それだけで、随分と生活が楽になっています。

ADHDなら、最初から忘れやすいことを話しておくこと

ADHDと判明してから、とにかくメモを取ることと時間の把握に力を入れています。
家の中は付箋でいっぱいです。
やらなければならない事柄を付箋に記載して、壁に貼る。クリアしたら、剥がすの繰り返しで、
壁に付箋があると、何か終わっていないんだ。と日付と時間を気にするようになりました。

あとは、周りの人にフォローしてもらうために、スケジュールを周知する事を心がけています。

 
ADHDとカミングアウトしなくても、
「本当に忘れやすい人間なので、締め切り前にまた知らせてくだい!」とか
「終了10分前に声かけて下さい!」など周りに話しておくだけでも、案外皆さん協力してくれます。

 
あと、「こんな人間なんです」と話しておくことで、
信頼を失いにくいです。
「これは出来ないですが、アレは出来ます!」と
話すことが出来る事が「強み」として映ることもあります(実話)。

ADHDの場合の生活の工夫(実験編)

まだ、実験の域を出ないのですが、家に帰ったら、かばんの中身を全部出す。ということをしています。

ADHDの人ってかばんの中がかなり汚くなります。勿論家も部屋も汚いですが。。。。
なので、家を出るときに0から始めるということをして、なるべくかばんの中を綺麗にしておくのです。

 
そうすると、注意力が強くなって、結構鍵を忘れる回数も減ったり、忘れ物が減ったような気がしています。
そしてかばんの中が綺麗です!

関連記事

最新記事一覧