ADHD・起立性・季節性・パセドウ病・双極性等の病気・症状も改善していきましょう

【自律神経失調症】不眠とイライラと孤独感で苦しんでいましたが・・・【体験談・感想】

自律神経失調症のサインに気付かず過ごしていた

28歳になったばかりの頃から、めまいがたまにありました。
ほんの少しだけ、めまい…なのかな?という感じの極軽いものでした。
寝転がる瞬間や座っている時など、決まった場所、時間、行動の時ではありませんでした。
耳鳴りもなんとなく「あ、また耳鳴りだ。」と、ふとした瞬間気になる程度にありました。
時間も数秒から数分まで、様々でした。

その頃は深夜の仕事と昼の仕事、子供の学校行事などで日にちが分からなくなるくらい忙しい日々を過ごしていました。
「疲れてるのかなぁ~。」程度に思ってはいましたが、栄養ドリンクとビタミンサプリを多めに摂取するぐらいのものでした。
元々貧血持ちだったので、めまいに対して免疫があったのがいけませんでした。
よくあること、とめまいを軽くみていたのです。
後に、この頃からもう始まっていたのだと気付きました。
・酷くなる症状。何かがおかしい。
症状が始まってから半年、頻繁に起こる耳鳴りにもめまいにも慣れてしまった頃。
右目の下がピクピクと勝手に動きだすようになりました。
痛くはないですが、ピクピクする度に不快です。
仕事中もリラックス時も関係なく起こっていました。
そして暑くない日に一人で汗をかくようになりました。
これは苦しいとか、不快とかよりも、ただただ恥ずかしかったです。
涼しい日に一人で真夏並みに汗をかいていたので、脂肪が増えたのだと思っていたので尚更ですね。

 

それと同時期にイライラが物凄く、家族にあたり散らしてしまっていました。
主人や子供のなんということはない一言に噛みつき、瞬間湯沸かし器の様に沸騰し、激昂していました。
悲しくもないのにイライラして勝手に涙が出てきます。
かと思えば、気持ちが落ち着いたのに涙が止まらなかったりもよくありました。

 

それでも毎日の仕事と家事と育児に追われます。
この時にはもう、自分の体がどこかおかしいという自覚はありました。
でも、休みの日はただひたすら眠っていました。
不思議なことに、仕事がある日は動けるのですが、休みになると体が全く動かなかったのです。

何で気付かなかったんだろうか…。

そんな状態がずっと続いていました。
さらに数ヵ月後、不眠の症状も出てきました。
眠いのに眠れない、せっかく眠れたのにすぐに起きてしまう。不眠のせいかイライラは更に増します。
瞬間湯沸かし器は、瞬間ではなく常に沸騰しているような状態でした。

 

 

私のその頃の体の症状は主に、頭痛、不眠、右目のピクピク、めまい、耳鳴り、たまに大量の汗をかく、手の震えが少しと、足元がふらつきます。
倦怠感と何故か休みの日に動けなくなるということも続いていました。
精神面ではイライラと孤独感と不安感が常にありました。

 

そんなある日、私以外の家族が団欒している時のことでした。
私は何故か、笑い合っている家族に無性にイライラしていました。
団欒の中に一緒にいるはずなのに、何故かとても孤独でした。

笑い合う声が私の頭に響きます。
めまいがして、手が震えました。同時に勝手に涙が出てきました。
気付いたら私は「ウルサーイ!」と発狂に近い叫び声をあげていました。

 

当然主人と大喧嘩になりました。
その時主人に「お前頭おかしいよ!病院行けよ!」と言われたのです。

目から鱗でした。

あれだけの症状が出ていながら私は、不思議と病院に行くという選択肢が全くなかったのです。
「あ、そうか!病院に行ってみよう!」とこの時初めて思いました。

 

あれ?治りそう!

病院に行ってみようと決めてから自分の症状に当てはまる病気を調べました。
そしてぴったりマッチしたのが自律神経失調症でした。

その頃の私は仕事はちゃんと行っていましたが、それ以外では外に出るのが苦痛でした。
とりあえず自分が行きやすいように、家から一番近い心療内科に行ってみることにしました。
予約が一ヶ月後にとれたので、それまでは自分で調べた対処法を家で実践してみることにしました。

 

まず、私の自律神経のバランスを崩していた最大の要因と思われた、深夜の仕事を大幅に減らしました。
ついでに昼の仕事も少し減らしました。
そして、朝必ず太陽を15分ほど浴びながら散歩をし、軽くでも朝食を摂ることにしました。
ここ数年、全くしていなかった運動も取り入れます。
運動と言っても、テレビを見ながら適当に体を動かしていたたけですが。
いきなりちゃんとしたことをすると、挫折してしまうと思ったので適当を心がけていました。

 

 

女性ホルモンも関係しているかもしれないということで、『命の母』というものも飲み始めました。
野菜やフルーツも意識して摂り始めました。
お風呂は湯船にゆっくり浸かることにしました。
それまでの生活の仕方がよほど酷かったのか、この生活を二週間続けただけでかなり改善されてしまいました。

行ってみたけど…自分で頑張れそう!

そして心療内科に行く日、不眠とたまにくるめまいと、孤独感以外は症状がほぼなくなっていました。
予約した時と状況は違うけれど、まだ悩まされてはいるのでクリニックに行きました。
家の近くだったこともあり、足取りは軽かったです。

 

私が行ったクリニックは結構混雑していました。
呼ばれて診察室に入ると、男の先生が座っていました。
予約した時にそれまでの経緯は話していたので、それから一ヶ月の話しをしました。
「症状的に自律神経失調症でいいんじゃない?断定はできないけどね。」とおっしゃっていました。
「で、どうする?薬。出す?」と言われた時はびっくりしました。
驚きながらもよく話しを聞くと、精神安定剤はと睡眠剤は自然に改善出来ているなら極力使わない方向が良いらしいです。
これ!という治療法もないから極力ストレスの要因を取り除いた上で、自分で合うものを探すしかないともおっしゃっていました。
「あなたはストレスが要因っぽいから、話してスッキリするなら遠慮なくまた来てね!」と言われました。

 

私がお話ししたのは30分位でした。
確かに色々悩んでいたこと、疑問に思っていたことを話せて良かったです。
でも、自分で頑張れそうだったので、心療内科はもういいかな!と思いました。

正直な所30分のお話で5000円だったので、私は金銭的にそう何回も通えないというのが一番ですが。

長いお付き合いへの覚悟。

薬はいらないと決めた私には、残された不眠などの症状との付き合いが続きます。
治ったわけではないのでしばらくは眠れない日々が続き、先生に睡眠剤だけでも出してもらえば良かった…。と後悔する日もありました。
市販の睡眠剤に手を出そうともしましたが、値段がすんごく高いので止めました(笑)。
もうすぐ31歳になる今もたまにめまいや不眠が現れます。
やっぱりストレスが溜まった時に出ます。
でも自分でも自覚できるようになったので、ストレスを溜めないようにしています。

 

イライラや孤独感はほとんどなくなりました。
家族が理解してくれて、症状が出た時も一緒に付き合ってくれているのが精神面で一番大きいですね。
今は『命の母』とプラセンタのサプリを飲んでいます。
規則正しい生活は心がけていますが中々完全には出来ませんね。

 

同じ症状が出ている方へ

精神面で辛い人は心療内科で話しを聞いてもらうだけでもいいと思います。
誰かに甘えられるなら甘えて、頼って下さい。でも何より、規則正しい生活が最善の治療だと思います。

関連記事

最新記事一覧