ADHD・起立性・季節性・パセドウ病・双極性等の病気・症状も改善していきましょう

【辞めたい・辛い】季節性情動障害の病気の人に向いている仕事とは?

季節性情動障害の病気の人に向いている仕事

季節性情動障害の病気の人に向いている仕事としてはどのようなものがあるのでしょうか?季節性情動障害の病気の人に向いている仕事を把握するためには、季節性情動障害の病気について十分に知ることが必要です。

 

季節性情動障害は、気分があるシーズンにのみ落ち込んだり、よく疲れたり、起きるのが朝辛かったりするというような症状になる一つの脳機能障害です。

 

単純な仕事の方が適している

そのため、季節性情動障害の病気の人に向いている仕事としては、複雑な仕事よりも単純な仕事の方が把握するのも簡単で、スムーズに仕事ができるでしょう。

 

また、毎日仕事の内容が変わるとストレスも時間もかかるので、変化があまりないような仕事の内容が同じようなもの方が仕事量も安定するでしょう。

 

これ以外には、仕事としては多くの人と一緒に行うようなものよりも、一人でもくもくとできるようなものの方が適しています。

 

このようなことから、季節性情動障害の病気の人に向いている仕事としては、単純で、しかも毎日同じ内容で、一人でできるようなものが適していると言えます。

 

具体的な仕事

では、季節性情動障害の病気の人に向いている仕事としては、どのような職種が具体的に適しているのでしょうか?基本的に、季節性情動障害の病気の人に適しているのは、運搬・掃除・包装などの仕事です。

 

運搬の仕事と言うと、荷物をトラックなどで運搬するドライバーを思い浮かべるかもしれません。しかしながら、この場合は、荷物をフォークリフトで運搬する仕事などです。

 

掃除についてはビルなどで掃除したり、包装についてはお歳暮やお中元の商品などを梱包したりする仕事になります。

 

最も適しているのは掃除

このような職種の中で最も適しているのは掃除でしょう。運搬の場合はリスクを見抜く高い能力が必要であり、資格が無ければ基本的にフォークリフト使うことはできません。また、包装の場合は手先が器用であるということが要求されます。

 

一方、掃除の場合は、道具は多くの種類がありますが、普段の暮らしにおいて掃除を自宅などですることがあるので、仕事と言ってもスムーズに取りかかりやすいようです。

 

また、掃除の場合はみんなで一緒に行うよりも、一人で行う方が多く、道具の使用方法を覚えるとある程度スムーズにできるでしょう。

 

決まったところを決まった時間で掃除しますが、仕事を毎日していくと、要領がだんだん分かってくるため、作業も速くなってくるでしょう。
なお、仕事を選択する場合には、きちんと季節性情動障害の人の性格などを把握したうえで決めるようにしましょう。

 

関連記事

最新記事一覧