ADHD・起立性・季節性・パセドウ病・双極性等の病気・症状も改善していきましょう

バセドウ病の症状を緩和することのできる食べ物や飲み物とは?【良い栄養とは】

この記事では、パセドウ病の症状を少しでも緩和する事のできる食べ物や飲み物について詳しく書いていきます。

パセドウ病で苦しみ、特に朝起きられないことで悩んでいる方は参考にしてみてください。

 

逆にパセドウ病を悪化させかねない食べ物のジャンルなどについては、こちらをお読みください。

パセドウ病を悪化させかねない食べ物は一体?

 

【1】バセドウ病にハーブティー(カモミール)

kouuy

バセドウ病になると、エネルギー代謝が以上に高まり常に興奮状態になっているため、体に疲労が溜まっていても眠れないという現象が起きます。

心地よい睡眠には、「ハーブティー」が有効です。ハーブの香りは気持ちをリラックスさせてくれます。

 

またはハーブの効能にホルモンを正常に保つ働きも有ります。

 

寝る前に飲むと良いハーブティーの種類ですが、カモミールティーやローズマリーやラベンダー、レモンバームなどがリラックス効果も高くてバセドウ病の方はまず考えるべき飲み物の一つです。

 

「ハーブティー1つで何が変わるんだ?」

と思われるかもしれませんが、

パセドウ病をなめていて、ハーブティーを飲まないこともあってその症状に苦しまれた大学生の方もいらっしゃるほどです。

>【関連記事】パセドウ病で就活に苦しむ大学生がとった行動とは?

 

【2】ローヤルゼリー

hatiti

ローヤルゼリーは、その健康効果の高さから注目されています。
現在、ローヤルゼリーはバセドウ病の改善効果があるのではないかと言われています。

 

それは、ローヤルゼリーに含まれる機能性成分のひとつデセン酸が免疫調節剤として働き、免疫細胞のひとつであるT細胞にはたらきかけることが研究で確認されたのです。

 
そのため、ローヤルゼリーがバセドウ病の治療薬となる可能性が報告されています。
さて、そもそもバセドウ病というのは、自己免疫疾患の一種に分類されます。

 

 

よく混同されてしまうことが多いローヤルゼリーと蜂蜜は、全くの別物です。

 

その他、バセドウ病にいい食べ物「玄米」

gen

消耗性疾患であることから不足しやすいエネルギー、たんぱく質、ビタミン(特に水溶性ビタミンとビタミンA)、ミネラルを充分に補給するのが最善です。(ビタミンB1、B2、B6、B12、ビタミンC)

 

バセドウ病と甲状腺機能亢進によってどんどんエネルギーが使われて体力を消耗するので、不足したエネルギーを補わなければなりません。

 

 

そのために適切なのがタンパク質です。肉類や魚類に含まれるビタミンA、ビタミンBはバセドウ病患者が使いすぎたエネルギーの補給に役立ちます。

ビタミンBを摂取するには玄米も有効なので、白米から玄米に変えてみるのはとても効果あり、有効的な方法です。

 

しかし食べ物や飲み物ばかりを摂取して入れば徐々によくなっていくというものではありません。適度な運動も忘れてはいけません。

 

甲状腺のアンバランスという問題

 

バセドウ病患者は「甲状腺機能がアンバランス」という問題を抱えています。

 

甲状腺機能は低下しても問題ですし亢進してももちろん問題です。甲状腺機能を低下させる・亢進させるというのではなくバランスを取るために摂取したいのが「亜鉛」です。

 

「亜鉛」は甲状腺機能のバランスを保つのに必要

スクリーンショット 2015-08-08 19.31.08

「亜鉛」は牡蠣やチーズなどに含まれています。タンパク質と一緒に亜鉛も摂取できるのは牛肉です。

 
バセドウ病の治療に効果的な栄養分はタンパク質と亜鉛です。タンパク質はバセドウ病で異常に消費されたエネルギーの補給に役立ち、亜鉛は甲状腺機能のバランスを取るのに、とても役立ちます。

 

 

バセドウ病の人は食事を3食食べる必要はあるの?

 

 バセドウ病は甲状腺ホルモンの過剰分泌により、脈が速くなってしまったり、汗をたくさんかいたりと、常に運動しているような状態になるため、

新陳代謝が上がってしまい、何か食べても常に物足りないように感じたり、食事は多く食べる派なのに痩せ気味であったり、一般の人より多くのエネルギーを必要とします。

 

なので、食事は3食摂るように心がけてください。

>【関連記事】バセドウ病に効く!知っておきたい栄養6つと相性の良い商品【タンパク質・酵母】

 

睡眠の症状を先に改善したい場合には?

 

パセドウ病の全体的な症状を治すのは、かなりの時間が掛かります。

しかし、睡眠の問題は特定の栄養を摂取することで良くすることが比較的、容易です。

 

睡眠を助けるには寝るタイミングで、まず精神を落ち着かせなければ話になりません。

そして、その精神を落ち着かせる栄養というのが「ギャバ」です。

 

 

基本、鬱病などに処方される精神薬は無理やり平静を保たせる側面が強いですが、ギャバはそれとは違い、自然的に気持ちを落ち着かせる効果があります。

 

そのため、医者に処方される薬よりも、副作用がないのが特徴です。逆に即効性はその分期待できませんが、薬に依存するのではなく、そのうち飲まなくても寝られるようになるのも、ギャバのような栄養を重視した改善方法の特徴です。

 

しかし、食事からギャバを摂取するのは困難なので、基本的にはサプリメントを服用するのが一般的です。

 

 

ギャバの含有量とそれを補助する成分(トリプトファン、ノニなど)が多く入っているサプリというと、マインドガードというサプリが「夜になかなか眠れない」「朝起きれない症状」を緩和するのに適している商品かと思います。

 

 

実際にパセドウ病の方でマインドガードを服用してから、睡眠に関しては以前よりも良くなったという体験談が当サイトにも寄せられていました。

 

【関連記事】【レビュー】マインドガードDXをお試しコースを購入して1ヶ月寝る前に飲んでみた結果

 

パセドウ病に関係したその他の記事

起きれない症状のパセドウ病でやってはいけない事・食べ物

バセドウ病で朝起きるのが辛いのはなぜ?【考えられる原因】

大学4年の時にパセドウ病になり、不眠によって就活に苦しんだ僕の話

パセドウ病などの不眠対策にドリエルEXを使用してみた【サプリ失敗体験談・評判・口コミ】

 

 

関連記事

最新記事一覧