ADHD・起立性・季節性・パセドウ病・双極性等の病気・症状も改善していきましょう

【あれも?】双極性障害(躁うつ病)を良くする飲み物9つ【ハーブティー・セロトニン】

双極性障害とは

「双極性障害」という言葉を耳にした事はあるでしょうか。

この障害は気分が高まったり落ち込んだりを繰り返す脳の病気(精神障害)です。

 

 

激しい気分の高揚とうつ状態を繰り返す双極Ⅰ型と、軽い高揚状態とうつ状態を繰り返す双極Ⅱ型が存在します。

 

この障害は名前の通り、ある時極端に気分が高まって、誰かれかまわず話しかけたり、夜眠らずに動き続けたりと活動的になります。

 

 

最近の言葉でいうと「テンションが高い」ということでしょうか。

 

 

一方うつ状態になれば、まるっきり正反対になり、一日中憂うつな気分が続き、動くことさえ億劫になります。

 

人類のおよそ100人に1人がかかる病気といわれています。

数字からしたら結構多い印象ですよね。

 

 

同時に、この障害で悩んで生活していらっしゃる方も沢山いるということです。

ここでは、そんな双極性障害を良くする「飲み物」についてご紹介していきます。これらを飲めば完璧に治るというわけではありませんが、症状を軽くしたり、習慣化させていくことで良くしていく効果が得られます。

 

是非、自分が試していけるものから少しずつ飲んでいくように心がけていってみてください。

 

まず、双極性障害に効果がある物質「セロトニン」について

この障害に有効な物質というものが研究で明らかになってきました。

 

 

その物質とは「セロトニン」です。

 

 

別名「幸せの物質」と言われており、気持ちのコントロールを調整してくれる頼もしい物質です。

 

 

この物質はサプリメントだとより多くを摂取できるのですが、飲み物によっても手軽に摂取できます。さすがにサプリメン1錠の量と比較すると劣りますがそれでも日頃から手軽に飲める飲み物で摂取できるので、メリットはあります。

 

【1】バナナジュース

バナナにはセロトニン生成を促進する働きを持つ「とリプファン」という物質が大量に含まれていますので、ジュースにして摂取すると美味しく簡単に接収できます。

 

 

毎朝一杯飲めたら1日快適に過ごせそうです。

 

【2】牛乳

牛乳もまたトリプトファンを多く含みます。

毎日バナナジュースは作るのが面倒など思われる方は、牛乳をサクッと飲むのはいかがでしょうか。

 

 

毎日コップ1杯飲むだけでも体内のセロトニン分泌をサポートできます。

 

また、敢えて一手間加えるとしたら、冷たいものよりも暖かい牛乳をおすすめします。

 

 

なぜなら、暖かい飲み物には脳をリラックスさせる役割があるからです。

ホットミルクを飲めばさらに効果倍増という訳です。

 

【3】蕎麦湯

蕎麦湯にもまたトリプトファンがたっぷり含まれている飲み物です。

ご飯の後に蕎麦湯をシメに頂いたら最高でしょう。

 

 

ここも暖かいという事がキーワードになりますが、蕎麦湯にはもうひとつ、「ナイアシン」という物質が豊富でセロトニンを作るのに適していると言われています。

 

【4】緑茶

緑茶といえば、いつでもどこでも手軽に飲める飲み物の代表です。

スーパー等へ行けば比較的安価で購入できるのも魅力の一つです。

 

 

この緑茶には「テアニン」という物質が含まれておち、それがセロトニンを増やす効果があります。
今まで紹介した中で一番手に入りやすく飲みやすいかもしれませんね。

 

 

【5】甘い飲みのも全般

人は甘味を感じると即座にセロトニンの分泌が促されます。

そのため、甘く感じる飲み物はとても効果的だと言えます。

 

 

一番のお勧めは、フルーツのスムージーでしょうか。

 

 

もともとフルーツにはバナナのようにトリプトファンが含まれていますので、スムージーにして飲めば、甘く美味しくトリプトファンを接収できること間違い無しです。

 

 

【6】ココア

ココアには、カカオポリフェノールと呼ばれる成分がたっぷり含まれています。このカカオポリフェノールは、ストレスによって発生するホルモンの分泌を、効率良く抑えてくれる働きがあります。そのため、精神を安定させ、双極性障害の改善に結びつけていく効果が期待できるのです。

 

その上、副交感神経に働きかけ、リラックスを促してくれますし、食物繊維が豊富な飲み物なので、デトックスにも向いています。体内の循環を安定させ、いらいらを取り除いてくれる効果もあるでしょう。

 

【7】ハーブティー

一口にハーブティーと言っても、色々な種類があります。ストレスや不眠、不安解消にアプローチできるハーブを選べば、双極性障害へのアプローチが可能です。オレンジフラワーやカモミール、セントジョンズウォートやシベリアニンジンなどが良いでしょう。

 

脳内のセロトニン濃度をアップさせ、落ち込んだ気持ちを安定させることができます。また、緊張した神経を和らげる効果もあるため、双極性障害の抑制に適しているのです。

 

ただし、特徴的なフレーバーも多いので、飲みやすいブレンドにしたり、はちみつをプラスしたりして、気持ちが安らぎやすいように工夫をしましょう。

 

【8】グレープフルーツジュース

グレープフルーツジュースは、ビタミンCが非常に豊富に含まれている飲み物です。

 

ビタミンCは、ストレス対抗用のホルモン分泌を促してくれる成分である上、殺菌作用も高く、体内の免疫力を高めてくれます。臓器の活動をスムーズにしてくれるため、安定した精神を保ちやすくなり、双極性障害を緩和していきやすいでしょう。

 

 

【9】飲むヨーグルト

飲むヨーグルトをはじめとした、ヨーグルト系ドリンクも、双極性障害の改善に向いています。こちらも牛乳と同じように、カルシウムが豊富に含まれているため、脳内の伝達機能を正常化させ、精神の浮き沈みを少なくすることが出来るからです。

 

更に、飲むヨーグルトは、ビフィズス菌をはじめとした、消化器官に働きかける機能がたっぷり含まれています。そのため、腸内機能を活性化させ、消化機能をスムーズにし、デトックスに働きかけることができます。

 

毒素を体外に排出することで、新陳代謝を促進し、新しい細胞を作ることができるでしょう。

 

 

まとめ

双極性障害と付き合っていくには「セロトニン」という物質を如何に体内に分泌するかが大きな課題と言えるでしょう

 

 

毎日セロトニンの分泌を促す上記に紹介した飲み物で上手に摂取し、うまくこの障害と向き合い、乗り越えて行きたいですね。

関連記事

最新記事一覧