ADHD・起立性・季節性・パセドウ病・双極性等の病気・症状も改善していきましょう

季節性情動障害(SAD)の眠気の症状を治療したり対策するにはどうすればいいのか?

毎年ある特定の時期になると朝、起きれなくなる―そんな症状に悩むことはありませんか?

 

 

そんな状態に当てはまり、普段は早起きも苦にならず健康にも問題ないはずなのに、

「なぜ今、急に?」という疑問を感じているのなら、あなたは「季節性情動障害(SAD)」かもしれません。

 

季節性情動障害(SAD)とはそもそもなんなのか?

 季節性情動障害(SAD=Seasonal Affective Disorder)は、ある決まった時期だけに感情障害が出るものなので、

「季節性ウツ」などと言い換えられます。

 

主に夏と冬にかかるケースが多いのですが、それぞれ症状が異なります。
夏は食欲不振や不眠を伴い、冬は逆に過食や過眠を伴います。

 

そのために頭痛や倦怠感、体重の増減といった身体的症状が現れ、同時に集中力の低下、無気力、不安感などの心的症状が見られます。
明確な原因は不明ですが、冬や梅雨にこの状態になる人が多いため、

そして寒冷な気候の地域にかかる人が多いため、日照時間の減少と関係があるのではないかと言われています。

 

メラトニンやセロトニン不足が著しい

このような時期にはメラトニンやセロトニンといった気分と睡眠を管理する化学物質の分泌量が変化してしまい

体内時計が狂ったり気分が不安定になるということです。

 

では、冒頭の「朝起きれなくなる」こととはどのように関係しているのかというと、

季節性情動障害の代表的症状の一つである夏の不眠と冬の過眠の影響がそれにあたります。

 

なかなか入眠できなかったり途中で目覚めてしまったりするので睡眠の質が悪化し、

寝不足が続いた結果朝がつらくなってしまうのです。

 

あるいは過眠症状が出ているといくら寝てもまだ眠り足りないと感じ、やはり朝起きることがつらくなってしまうということです。

 

 

季節性情動障害を克服する為には?

 

季節性情動障害を克服する為には、まずそれが鬱であるか、そうではなくSADであるのかを見極める事が大切です。

鬱とSAD(季節性情動障害)では対処の方法が異なりますし、そこに至った経緯も違うからです。

 

そもそも季節性情動障害(SAD)になる原因としては、冬場の日照時間が不足していて日に当たる事が、極端に少なくなる事が原因としてあげられます。

なので、個人でできるもっとも基本的な対応としては、日照時間の短くなる時やなる状況にある時は、意識して日の光を浴びる事が大切です。

 

体を動かす事も大事?

他には体を動かす事も、心身ともに必要になってきます。可能であるならば、ライトボックスを手に入れて、1日30分程度をライトに当たる事を心掛けると良いです。

 

この際に当たり過ぎてしまったり、人によっては軽い反動が起こり得るので注意が必要です。

 

ライトボックスは光は出ていますが紫外線は発してないので、肌や、目には害はありません。

他にも、小型のライトスタンドやライトバイザーなどを用意して頭を中心に当てて使用すると似た効果が期待できます。

 

季節性情動障害の治療には、抗うつ薬が一般的には使用されます。自力での回復が困難な場合は、専門の心療内科にて治療できます。

心療内科であれば専門の医院でなくとも、抗うつ薬の様な薬物治療を行う事も可能です。

 

季節性情動障害はライフスタイルの変化によって、オフィスワークやあまり外に出ない若い女性の方に多い病気です。

自分の意識で予防できる側面ももっているので、対処方法を意識しているだけで効果が期待できます。

 

 

関連記事

最新記事一覧