ADHD・起立性・季節性・パセドウ病・双極性等の病気・症状も改善していきましょう

朝が苦手な子で学校に行けない?それは病気の疑いが【起立性調節障害の症状・治療】

朝にちゃんと起きられない・なかなか目覚められないことに、それを自覚しているご本人が深刻に悩んでいることも少なくないと思います。

周囲の人に朝起きられないと相談すると、早めに寝ないからではと指摘されてしまうことが多いですんね。

 

たしかに中には不摂生だったり不規則な生活習慣が原因の人もいるでしょう。
でも、どんなに生活習慣に気をつけたり、早めの就寝を心がけても朝起きられないという症状に悩んでいたら。
本人の心がけや怠けなどではなく、身体に原因があるかもしれません。

 

小学生〜高校生までで朝起きられないのは起立性調節障害(OD)の疑いがある?

 

起立性調節障害(OD)は、小学生から高校生くらいまでに頻発する症状で朝起きられず、

午前中いっぱい体調がすぐれない状態が続きます。
単純な寝不足が原因の場合、毎日連続して同じように朝~午前中の時間帯に体調が悪い状態は続きません。
それに対して起立性調節障害の人はどんなに前日早めに寝ても、

生活習慣を整えても、一定して朝~午前中に不調が続く特徴があります。

 

 

朝起きれなくなる原因とは一体なんなのか?

 

これらの症状を起こす原因としては、自律神経の機能が上手く働かないことがあげられます。
小学生から高校生にかけての期間はちょうど思春期の時期に当たり、

急激な成長に身体が順応しきれずホルモンバランスが乱れることがあります。

 

自律神経は、身体を覚醒させたり活動するために血圧を上げたり興奮させる交感神経と、

反対に身体を鎮静させ血圧を下げたり心拍を下げたりする副交感神経とをコントロールします。
これらが上手く機能しなくなると動悸がしたり、血圧の調節がうまく出来なかったりして様々な身体の症状が起こります。

 

 

起立性調節障害の場合、朝、交感神経の働きが悪く、

自然に血圧や体温を上げるなど起きて活動するための身体の準備が整いません。
同時に起きようとすると、普通は起立時に下半身に血液が移動しようとするのを、

自律神経が働いて血圧を上げたり血管を収縮させることで抑えるのですが、

 

起立性調節障害の人はその調節がうまく働かず血圧低下を起こしたり、

頻脈を起こしたりすることがあります。

これらの症状は子供の場合は成長に伴って治まって行くケースが多いですが、成人でも症状が残る人もいます。

 

 

 

起立性調節障害の場合、朝起きれるようになるの方法・対策とは?

 

起立性調節障害の場合、朝起きれるようになるためには、まず無理をして起き上がらないことが大切です。

脳の血液が低下しやすくなっていたり、血圧の低下もしやすくなっていますので、

無理して起き上がらずに、徐々にゆっくりと起き上がることが大切です。
また立ち上がった時は、より血圧が低下しやすくなっていますので、

足踏みをしたりすることでふくらはぎを動かし、

下から心臓に圧を加えることで、血圧の低下を防ぐことが大切です。

 

深刻な場合は弾性ストッキングを利用する?

症状が深刻な場合は、弾性ストッキングなどの道具を使用することも、有効でしょう。

弾性ストッキングを装着することで、下半身に血流が溜まるのを防ぎ、

それによって血圧の低下も防ぐことに繋がりますので、高い効果が期待できるのではないでしょうか。

 

循環器科か心療内科に受診しよう!

また、ご自身でどうしても朝起きれるようになりたいと思った場合には、

医療の力を借りるのも方法の1つではないでしょうか。お子様の場合は小児科にかかることになりますが、

大人の場合は、循環器科か心療内科になるでしょう。

 

どちらかは、専門の医師が診察をして判断をしますので、

ご自身で判断をせずに、まずは総合内科へ行かれるといいのではないでしょうか。

 

起立性調節障害で使用される薬はどんなものがあるの?

 

起立性調節障害で使用される薬には、

主に塩酸ミドドリン・プロプラノロール・メシル酸ジヒドロエルゴタミン・メチル硫酸アメジニウムなどがあるでしょう。

その中でも塩酸ミドドリンは、比較的副作用の少ないものですが、

どれも少なからず副作用のあるものですので、自己判断で使用することなく、

専門の医師のもと、適切なお薬を服用することが大切です。
一度は聞いたことがあるかもしれませんが、人にはもともと体内時計というものがあり、

太陽が昇ってから沈むまでの動きと、深く関わっているものなのです。

ですので、この太陽の動きと同じリズムで生活することは、本来とても快適なものですので、

しっかりと治すことで、この心地よさを実感することができる日が必ず来ることでしょう。

 

 

 

 

関連記事

最新記事一覧