ADHD・起立性・季節性・パセドウ病・双極性等の病気・症状も改善していきましょう

朝起きれないのは低血圧のせい?低血圧でも朝早く起床するための3つの注意点

低血圧によって朝起きれない可能性がある?

 

低血圧による朝起きられない症状とは、目が覚めても、体のだるさ、

めまい等で身体を起こす事が困難である状態です。
低血圧である場合、身体を急に起こしてしまうと、

頭部から血の気が引き、めまいを起こし、頭痛等を引き起こす事もあります。

 

低血圧症には本態性低血圧症、症候性低血圧症、起立性低血圧症があり、

一般的には、病的要因の無い原因不明の本態性低血圧症である事が多いです。
低血圧症であるかは、血圧測定機で測れば分かります。

一般的には、収縮期血圧が100mmHg未満の事を言います。

体調がすぐれない、疲れやすい、倦怠感、手足の冷え、めまい、立ちくらみ等の症状が出ます。

血圧測定機がなく、低血圧であるかが分からない方もいるかと思いますので、

このような症状が出ていた場合、低血圧症である可能性があります。
低血圧症の原因としては、全身を循環している血液量の減少、身体に血液を送るポンプの力が弱いことがあります。
それが、必ずしも病気とは限りません。このような状態を先ほど書いた本態性低血圧症といいますが、

これは、慢性的であり、急激に症状が悪化する事はありません。だた、この状態が持続し続きます。

 

そのため、朝起きられないが頻繁になる事もあり、日常に支障が出るような事にもなると思います。
このような症状が続き、日常生活に支障が出るようならば、

一度医師に診察していただく事をお勧めいたします。

 

症状については、本人にしか分からないため、周りからの理解が得られない事もあると思いますので、

一人で悩まず、まずは専門の方にご相談をしてみて下さい。

 

 

低血圧でも早く起きれるようになるにはどうすればいいのか?

 

低血圧の方が早く起きる為には、日常生活の中で、次の3つのことを守ると、早く起きれるようになります。

まず1つ目は、夜ふかしをしないで早めの就寝を心がける。

2つ目は、筋トレやジョギングなどの適度な運動を毎日行う。

 

3つ目=夏場でも、寝る前にお風呂に浸かり、結構をよくする。

この3つは、当たり前のことだと思われるかもしれませんが、

低血圧の方がよく言われている事は、血の巡りがあまり良くなく、血行が悪いことが原因にあげられています。

他にも、運動不足で筋力が低下して、体内の血液を送り出す力が減少して、健康な方と比べて血流が悪い傾向が見られます。
このような低血圧でお困りの方に良いお薬は、病院で処方される薬の種類は違ってきますが主なお薬は以下の通りです。

交感神経を刺激し、血圧を上げるものは、ジヒデルゴット、エホチール、メトリジン、リズミック等です。

難治性低血圧では、フロリネフが使用されます。通常朝・晩の1日2回服用します。
このように、低血圧改善の為のお薬は、たくさん種類が出ていますが、

体質によって効き目がある方と、あまり効き目が出ない方もいらっしゃいますので、

出来れば、お薬を使わずに、上記の3つの方法を試してみると良いと思います。

 

下半身にたまりがちな血液の循環が良くなると、朝でもスッキリとした気分で、目覚めることができるようになります。

また、補足説明としまして、近所にスーパー銭湯やサウナがありましたら、

ここに通って、ゆっくりリラックスできると、翌朝快適に目覚めることができます。

関連記事

最新記事一覧