ADHD・起立性・季節性・パセドウ病・双極性等の病気・症状も改善していきましょう

朝起きれなくなる睡眠時無呼吸症候群に効く食べ物4つ【バナナや魚が有効?】

睡眠時無呼吸症候群は、眠っている時に呼吸が止まってしまう危険な病気で、当初はいびきと聞き間違えてしまう場合もありますが、長時間呼吸が止まってくると命の危険もある注意すべき症状です。このおかげで睡眠が思うようにできない人も多く不眠症や朝起きれない症状を引き起こす事があります。

 

そこで、今回は睡眠時無呼吸症候群に効く食べ物について説明していきます!

 

睡眠時無呼吸症候群には肥満が大きく影響している

 

睡眠時無呼吸症候群は現代病ともいえ、食生活が豊かになって肥満体型の人が多くなってくるにつれて増えてきたと考えられていて、肥満が大きく原因しています。ファーストフードや、インスタントの食品があふれる中で、そういった食品をたくさん摂取する等の乱れた食生活が原因で、食生活を見直して、減量を心がけるだけでも症状を緩和していくことが出来ます。

 

睡眠時無呼吸症候群の治療に効果がある食品

睡眠時無呼吸症候群の治療に効果がある食品としては、
・ 魚
・ 緑黄色野菜
・ バナナ
・ 海藻類
といった食品があります。

 

 

魚にはDHAやEPAなど肥満予防効果がある

魚は、魚に含まれる「DHA(ドコサヘキサ塩酸)」や「EPA(エイコサペンタエン酸)」といった成分が、肥満予防効果があります。魚の脂は固まることなく血液がサラサラな状態が保たれるので、脂がたまると肥満を招くドロドロの血液を作ってしまうので効果があります。動物性脂肪の摂取を控えて、植物性のものや魚脂を摂取すると効果があります。

 

トリプトファンが睡眠時無呼吸症候群に効果がある

 

緑黄色野菜は、「トリプトファン」という成分が睡眠時無呼吸症候群に効果があると言われています。 緑黄色野菜やアボカドに多く含まれています。アボカドのサラダなどにして食べると他の野菜とも一緒に食べることが出来てより効果的です。

 

バナナもトリプトファンが多く含まれている

バナナにも緑黄色野菜と同様「トリプトファン」が多く含まれているので効果的です。バナナには、ビタミンB類も豊富で、美容効果のあるビタミンB群のおかげで、体の中から美しくなることが期待出来ます。バナナで注意すべきは、スジの部分には、美容効果の高い「ポリフェノール」が多く含まれているので一緒に食べてしまう方が健康には効果的です。バナナは栄養価も高く、お勧めの食材です。

 

海草類はカロリーゼロなのに3つも栄養が!

海藻類はカロリーゼロの自然食品で「ミネラル」「ビタミン」「食物繊維」がたくさん含まれています。海藻類には、不足しがちな「鉄分」や「カルシウム」もたくさん含まれているので、減量する際にはとても効果的な食品と言えます。

 

睡眠時無呼吸症候群に効果的な食べ物はスーパーで手に入る

 

このように、睡眠時無呼吸症候群に効果的な食材は、スーパーなどで低価格で購入することが出来る商品ばかりですから、特段お金をかけることなく症状の治療に取り組むことが出来ると言えます。毎日の食事の中にこれらの食品をたくさん取り込んで、症状の緩和に取り組んでみることがおすすめです。

 

他の睡眠時無呼吸症候群に関連した記事はこちらです⇩

 

●会社でいつも眠たくなる原因は睡眠時無呼吸症候群?

 

関連記事

最新記事一覧