ADHD・起立性・季節性・パセドウ病・双極性等の病気・症状も改善していきましょう

【まさかこれも?】自律神経失調症を悪化させる食べ物8個とは?【マーガリンやコーヒーも】

「自律神経失調症」にかかっている方というのは、実は少なくなく、朝にどうしても起きれない、夜になると寝れない、寝付くのに3時間は普通に掛かるなどという方、これはもしかしたら自律神経失調症かもしれません

 

自律神経失調症とは自律神経が乱れ、精神コントロールや、血液の流れが悪くなったりと神経を経由する繊細な体の機能が普段通りにならないなど症状のことです。

 

そんな自律神経失調症をさらに悪化させてしまうような食べ物をここでは、ご紹介しましょう。

なるべく日常から以下のモノは摂取しないように注意するようにしてください。

 

【1】マーガリン

トーストに毎日つけている人も少なくないでしょう。
マーガリンは、オメガ6が含まれていて、これが炎症反応を起こします。

 

こうなると、交感神経も反応し、自律神経に過剰に反応してしまうからです。

 

【2】コーヒー

皆さんも毎日無意識にとっているかもしれない、カフェインというのは、交感神経を無理やり働せます。

 

だからこそ、眠気冷ましに持って来いと言われる成分なのです。

 

ですが、これによって、回復するべきエネルギーが働いてしまうので、自律神経失調症の症状が出やすいです。

 

【3】チョコーレトやケーキなどのお菓子

要は、砂糖が含まれているような甘い食べ物は自律神経失調症にはNGです。

 

というのも、基本的に「白い食べ物」というのは、血糖値を上げてしまう傾向にあるのです。

 

これを、特に、寝る直前に食べてしまうのが危険です。
こうすると、血糖値を一定に保つために体はそれを下げようと働きかけます。

 

想像がつくように、この際に、相当のエネルギーを使ってしまうので疲れてしまうのです。

 

そして、この結果、もっと甘いものがほしくなるので、自律神経失調症スパイラルに陥ってしまうのです。

 

【4】麺類

ざっくりしているかもしれませんが麺類、ほとんどすべての物に小麦粉などが使われています。

 

これは、お菓子の白糖同様、白い食べ物です。

 

たとえば、うどん、ラーメンなどの麺類は、おいしくて、するする体の中に入っていきますが、実は、血糖値が上がる食べ物で、体のエネルギーを使い続けてしまうようなものなので、注意が必要です。

 

【5】唐辛子

これは、代謝をアップさせるから、マイ七味などを持ち歩く女子高生が昔はいましたし、今もそうしている人はいるでしょう。

 

ですが、確かに代謝もアップしつつ、交感神経を優位にさせる作用が唐辛子にはあるのです。

 

ですので、血糖値を上げてしまったり、心拍数もあげるので、自律神経失調症を促す働きがあります。

 

もちろん、唐辛子だけでなく、こういった香辛料というのは、ほとんど体の熱を上げたり、交感神経をも働かせてしまうので、食べたいのであれば、日中、そして、控えめに摂取するようにしましょう。

 

【6】ビールなどのアルコール

アルコールというのは、飲んでいたらそう感じることはないのですが、糖質たっぷりです。

 

なので、糖質カット商品がよく売られていますよね。

 

特に、よく飲まれる身近な飲み物として、ビールや発泡酒はもちろんのこと、ウォッカなどは、アルコールと砂糖でできています。

 

ということで、砂糖とアルコールのかたまりのようなものです。

 

それを飲んだら、逆に脳が起きてしまいますし、エネルギーも使ってしまうので、自律神経失調症を促してしまうのです。

 

【7】インスタント食品

ついつい一人で暮らしていると、作るのが面倒くさくなりカップラーメンやコンビニの出来合いの弁当などを購入して食べてしまう方も多いのではないでしょうか。

 

出来合いの物の全てが悪いわけではありませんが、炭水化物が多いものが多く、栄養のバランスが悪いものが多いと思います。

 

炭水化物だけでなく、刺激物、添加物といったものも多いので注意が必要です。

 

【8】例:人参・サツマイモ・トウモロコシ

意外に思われる方も多いかもしれませんが、実は野菜にもあまりおすすめできないものがあります。

 

野菜の中でも糖類の多い野菜があり、人参やイモ類は程々に摂取する程度にしたほうがいいと思います。

 

また最近では、遺伝子組み換え製品が店頭に並んでいることもあるので、これもあまり良くないので注意が必要です。

 

最後に食事についてのまとめ(総括)

ここまでは食べてはいけないものや控えた方がいいものを書いてきましたが、全てを食べてはいけないわけではなく程々に摂取することが重要になります。

 

無理して我慢してストレスを溜めすぎるのも良くないので、出来る限り控えたり糖分が少ないケーキやアイスといったものを選べばいいと思います

 

また、野菜も極力地の物や旬のものを購入するようにして、出来合いではなく温かい出来立ての物を食べるようにするようにしましょう。

関連記事

最新記事一覧