ADHD・起立性・季節性・パセドウ病・双極性等の病気・症状も改善していきましょう

朝起きれない症状のバセドウ病でやってはいけない事・食べ物のジャンルとは?【タバスコ・わさび】

首が太くなり、興奮状態が続くため夜寝られなくなったりするバセドウ病。

このバセドウ病の症状を患っている時にやってはいけないことがあります。

また、同時に食べてはいけない食べ物のジャンルも存在します。

 

朝起きることができないバセドウ病

 

バセドウ病で悩んでいるという人は、今の時代は、非常に多いといわれています。
バセドウ病と言うのは甲状腺の異常による病気となっていて、各臓器などが活発化しすぎてしまうという病気になります。

 

そのため、心臓に負担がかかってしまったり、また異常に汗が出たり、また動悸や息切れがあります。
朝に起きることが出来なかったり、社会生活が困難とされるケースも少なくありません。

 

バセドウ病が悪化する原因とは一体?

バセドウ病の原因とはいったいどういったものなのでしょうか。
まず、バセドウ病には、遺伝的な背景というものがあるといわれています。

 

しかし、そのほかにも精神的なストレスなどの環境要因なども原因であるといわれています。

 

このため、就職,転勤であったり、あるいは、引越しや、過酷な仕事、そし残業続きと言った、仕事や住居のストレスなどが非常に多いといわれています。

 

「バセドウ病」を悪化させないためにはどうすればいい?

バセドウ病を悪化させないためには、こうしたストレスを避けるということが、バセドウ病を再燃させるのに有効であるとされています。

一度バセドウ病が一度治まり、再び発症すると、薬物療法などで治療をしていかなければならないほど悪化することがあります。そうなると大変なことですので、その前に日々の生活習慣を見直さなければなりません。

 

バセドウ病の人が食べてはいけない物のジャンルは?

バセドウ病の人が食べてはいけないものとはいったいどういったものでしょうか。
まず、普段の食事などはそれほど意識しなくても良く、普通に食事をしても良いといわれています。

 

しかし、まず、バセドウ病の人の場合、甲状腺機能が亢進している状態となっていますので、症状を悪化させてしまう食べ物があります。
たとえば、どういったものなのかというと「お酒」などのアルコールの摂り過ぎなどはよくありません。

 

ですので、ビールや焼酎ワインなど普段から飲んでいる方はお酒などは控えるようにすることが必要となります。目安としては1週間に1缶まで控えるのがベストです。

 

あまりにも辛いモノ「タバスコ」「わさび」も禁止?

また、そのほかには、あまりにも辛いものであったり、たとえば、唐辛子やタバスコ、からし、わざびなどといった刺激物などもとりすぎないことが大切であるといわれています。

 

こうした刺激物などを取り過ぎることによって、例えば、動悸などが激しくなるという可能性がありますし、また症状がひどくなる可能性があります。
ですので、基本的にこうしたものの飲み過ぎであったり、食べ過ぎなどは厳禁です。

 

あくまで、バランスがとれていない状態です。それまではアルコール、刺激物のとりすぎには注意。心臓への負担がかかります。

カフェインなども刺激が強くできるだけ控えるようにすべきでしょう。

 

カフェインの少ない飲み物ではココアやほうじ茶などがあります。コーヒーが飲みたくなる人はデカフェなどノンカフェインの飲み物を飲むように心がけてください。

 

関連記事

最新記事一覧