ADHD・起立性・季節性・パセドウ病・双極性等の病気・症状も改善していきましょう

【食事と関係】ADHDの注意欠陥の症状を改善&良くできる食べ物11つ【ナッツ・亜麻仁油も】

発達障害のひとつであるADHDですが、症状を改善することができる食べ物があるのはご存知でしょうか?

 

 

子供、大人に関わらず、ADHDの場合は食事との密接な関係も指摘されています。

では実際、どのようなものがあるのでしょうか?

 

【1】魚(特に光物)

魚に含まれるDHAという成分は、脳の発達や働き、神経伝達に非常に大きな影響を与える成分であり、脳の発達促進を促すことができます。

 

 

そのため、DHAを摂ることで記憶力や学力向上にも努めることができると言われているのです。

 

 

さらに近年、オメガ3脂肪酸という栄養素が有名ですが、DHAもオメガ3脂肪酸のうちの1つ。

 

 

このオメガ3脂肪酸というのは、DHAと同じように人間の認知機能(記憶など)に良い影響を与えてくれ、痴呆の予防やADHDにも効果がある成分とされています。

 

 

特に光物の魚に多く含まれていますが、現代人の食事だけだけではなかなか必要分が摂取できない傾向にありますので、サプリメントなどを利用するのも良いでしょう。

 

【2】野菜

ADHDの人は、正常な人と比べるとセロトニンやドーパミンなどの脳から分泌される成分が少ない、もしくは多いと言われています。

 

 

同時に、偏食によるビタミン類やたんぱく質への偏りも見られます。

 

 

そのため、バランスよく野菜を食べてビタミンやミネラルを摂取することが大切でしょう。

 

【3】卵

卵には、たんぱく質・アミノ酸・ビタミン類・オメガ3脂肪酸など、大変豊富な栄養素が入っています。

 

 

なかでもオメガ3脂肪酸は近年注目されており、脳の発達や神経の活性化にも効果があるため、ADHDの人は積極的に摂取するといいでしょう。

 

 

なお、オメガ3脂肪酸は体内では生成ができないため、食事などから摂取するしかありません

 

 

その点、卵にはオメガ3脂肪酸が豊富に含まれていますので、料理を工夫しながら毎日食べるのがおすすめです。

 

【4】果物

果物には、自然のビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富に含まれています。

 

 

ADHDの人は偏食傾向にある場合が多いので、こういった自然の食べ物から多くのビタミンやミネラル、繊維類を摂取すると良いでしょう。

 

【5】豆類

豆類にはたんぱく質が豊富に含まれています。たんぱく質にはADHDの症状を抑制する働きがありますので、積極的に食べるようにしましょう。

 

【6】ナッツ

ナッツにも魚類や卵と同じく、オメガ3脂肪酸が豊富に含まれています。特にクルミにはADHDの症状を強く抑える働きがあると言われており、おすすめです。

 

【7】亜麻仁油

近年とても注目されている食べ物として、亜麻仁油があります。皆さんもメディアで耳にしたり、店頭で見たこともあるのではないでしょうか。

 

 

この亜麻仁油には、必須飽和脂肪酸であるオメガ3脂肪酸やオメガ9脂肪酸の成分が豊富に含まれており、ADHDにも非常に効果的

 

 

健康にも良いので、ぜひ取り入れてみてください。

 

【8】にんにく

古くから健康に良いとされ、ビタミンB6をたっぷりと含むにんにく。

 

 

このビタミンB6には、脳を正常に動かし心の健康を保ってくれるセロトニンを増やしたり、ドーパミンを作り出す働きがあるとされています。

 

 

色々な食事に隠し味として入れたりしながら、どんどん食べるようにしましょう。

 

【9】レバー

鉄分がたっぷり含まれていることで有名なレバー。

 

 

この鉄分が不足すると、疲労や神経過敏、集中力や記憶力低下などといった、ADHDのような症状が現れます

 

 

そのため、鉄分を不足させないようレバーなどを意識的に摂取することが大切なのです。

 

【10】キムチ

キムチに多く含まれる乳酸菌には、腸内環境を整える効果があるのは有名な話ですが、実は精神安定とも大きなつながりがあります。

 

 

精神安定や脳を正常に動かす役目をするセロトニン。ですがこれを生成するトリプトファンは、腸内細菌がいないとビタミン不足などに陥りセロトニンを生成できないのです

 

 

そのため、日頃から乳酸菌を摂取して腸内環境を整えておく必要があります。

 

 

キムチ以外でも、日本人におなじみの漬物などに乳酸菌が含まれているので、食事の際に一緒に食べると良いでしょう。なお、塩分の高いものなので、食べすぎには注意してください。

 

【11】鶏肉

鶏肉に含まれるトリプトファンには、セロトニンを生成し精神を安定させる働きがあります。

 

 

ADHD方はセロトニンのレベルが正常でなケースが多く、攻撃的な症状を引き起こしていることもありますので、鶏肉を食べて症状を和らげましょう。

 

 

いかがでしたか?このような食べ物が、ADHDの症状を改善させる効果があります。

 

 

毎日の食事に上手に取り入れながら、ADHDの改善を目指しましょう。

関連記事

最新記事一覧