ADHD・起立性・季節性・パセドウ病・双極性等の病気・症状も改善していきましょう

ADHD(注意欠陥・多動性障害)で朝起きれないがストラテラが効かない場合【口コミ・評判】

ADHDの私の体験談

私は、小さな頃から朝の早起きが苦手でした。目覚ましが鳴って、目が覚めることは覚めるのですが、その後、なかなか起き上がることができずに、時間が過ぎていき、いつも学校の登校時間に遅刻ぎりぎりになっていました。

 

大学生で一人暮らしになってからは朝起きられない

 

実家で親と暮らしていた頃は、叱られながらもなんとか最後には起き上がれるのでまだ良かったのですが、困ったのは大学生になって一人暮らしを始めてからです。朝の講義には必ず遅刻、大事な提出物も出し忘れてしまったりと、散々な思いをしました。社会人になってもそれは治らず、遅刻をして上司に怒られることが度々ありました。

 

精神科に行ってみるとADHDと診断された

 

その後、過労も重なりうつ状態になり、ますます起きれなくとうとう無断欠勤をしてしまいました。さすがにこれはまずいと思い、精神科で診断を受けたところ、出された診断名は「ADHD(注意欠陥・多動性障害)」。自分でも全く気づいていませんでしたが、質問されることほとんどに思い当たる節があり、これまで困っていたこと、悩んでいたことが全部繋がった気がして、愕然としました。

 

ストラテラを40g飲み始めたが・・・

 

2012年から大人向けの治療薬で新しく認可されたものがあるということで、イーライリリー社が出している「ストラテラ」を1日1カプセル、40g飲み始めました。ところが、2ヶ月経っても、目立った効果は出てきません。体のだるさや、頭がボーッとして働かない感じは変わりませんでした。

 

ADHDを65gにすると効果が!しかし・・・

 

その後、医者と相談して、25g追加の計65g飲むことにしました。すると、飲んだその日の内に、効果を感じました。頭がスッキリして、目の前のやらなければいけないことが、何の苦もなくどんどん片付いていきました。それも、たいして疲れを感じないままできるのです。

 

これが、薬の効果なのかと、驚きました。あまりの変化に、自分の体じゃなくなったみたいで、怖さすら感じたほどです。

 

朝起きれないのは変わらなかった

 

ところが、困ったことに、朝の起きれなさは治らないままでした。

起きてしばらくはボーッとしてしまい、昼近くになってスイッチが入ったら、その後は動き出せるといった感じです。ストラテラという薬は、人により効き方もその副作用も大きく差が出るそうなので、自分にとっては、合う部分と合わない部分があったと思い納得することにしています。

 

ストラテラは値段が高いことがデメリット

 

もしかしたら、服用する時間を変更することで、作用する時間も変わってうまくいけば、朝の覚醒にも効果があるかもしれないので(望み薄いけど)引き続き、自分の中でいろいろ試しながらもうしばらくは使ってみることにします。けどこの程度の効果で値段が高いのが気になります。

 

今飲んでいる量で、約846円/日。自立支援医療(1割負担)を申請していなければとてもじゃないけど払えません。まだ新しい薬ですが、いつかジェネリックが出て安くなることを願います。

 

ストラテラよりも良い薬が欲しい

 

そして、ストラテラと飲み合わせ可能で、朝の覚醒に効果がある薬があれば服用してみたいです。

 

 

関連記事

最新記事一覧