ADHD・起立性・季節性・パセドウ病・双極性等の病気・症状も改善していきましょう

起立性調節障害でもアルバイトはできる?向き不向きのアルバイト6個

中学・高校生の頃に起立性調節障害になると、大人になっても症状が残ることがあります。 朝に弱い・体力がないなどの症状が残っている場合、自分の特性に合ったアルバイトを選ぶ必要があります。結論から言うと、起立性調節障害の…

詳細を見る

【誕生日に鬱病が】内科受診で失敗。心療内科で季節性情動障害と判明【体験談・失敗】

誕生日が近づくと憂鬱になる!? 私の誕生日は11月。誕生日が近づくと毎年のように自分の生き方は間違っているのではないかと考えるようになっていました。 そして、心労が重なったある年の冬に「うつ病」になりました。そこ…

詳細を見る

起立性調節障害の人が病院を受診して間違われやすい病気4つとは?【誤診】

起立性調節障害の人が病院を受診したいと思った時に、場合によっては間違われやすい「病気・症状」があります。 その点を踏まえておくことで、患者さん自身が医師一人からの診断で勘違いしてしまうのを避けることができるでしょう。 一…

詳細を見る

起立性調節障害の人が癒される場所とはどこなのか?リラックスできる場所6つ!

起立性調節障害の方では自律神経が乱れており、その乱れの原因としてストレスがかかっている場合も少なくありません。 日常のストレスから解放されるような、癒される空間と「癒しだと感じる時間」を持つことは必要不可欠です。今回は起立…

詳細を見る

眠れずに病院へ行ったら「鬱病」と診断された。どうするべき?セロトニンが重要なのか?

眠れない原因の一つにうつ病がありますが、その「うつ病」の原因は「セロトニンなどの脳内の神経伝達物質の働きの低下」であると言われています。また「深刻に考えすぎる」「まじめすぎる」「完璧主義」などの心の在り方にも原因があると言われています。 …

詳細を見る

うつ病のせい?友達・友人と遊んでも全然楽しくないのはなぜ?

うつ病になると、さまざまな症状が現れます。「感情」面においては、「憂うつ」「悲しい」「寂しい」「不安」「焦り」「イライラ」「無感動」などの他、「自分のことをダメだと感じる」「死にたいと思う」「何の希望もない」などの症状が起こり、特に朝方に強…

詳細を見る

起立性調節障害の人が陥りやすい「マイナス思考」と心を痛めない物事の「捉え方」とは? 

起立性調節障害の方は、自律神経系の乱れや血圧の調整の問題を有していますが、二次的にマイナス思考に陥りやすい傾向にあります。 一般的に、認知行動療法と呼ばれる治療法の中で、マイナス思考はいくつかの種類に分類されています。認知…

詳細を見る

【注意!】起立性調節障害の大人が共通して苦労するであろう8つの症状

一般的に起立性調節障害は10〜16歳に好発し、大人になるに従って症状は緩和されていきます。しかし、大人になっても症状が残っているために苦労を抱える人も多いです。 また、大人になってからは職場や生活環境が変化する中で…

詳細を見る

【不登校になる前に】起立性調節障害の小学生・中学生の子供が共通して苦労する8つとは?

起立性調節障害は、小学生で5%、中学生で10%が罹っているといわれています。身近なところで誰にでも起こりうる病気であり、「起立性調節障害」から子供が不登校となることも珍しくありません。 今回の記事では、「起立性調節障害の子…

詳細を見る

起立性調節障害の小・中・高校の子供に親がしてあげられること【症状の対策・対処・方法】

なかなか朝起きられない、横になっていることが多い子供が、ある日「起立性調節障害」と診断された時、親としてはどのように対応すれば良いのか不安になります。 「起立性調節障害」は小学生の約5%、中学生の約10%に起こると…

詳細を見る

最新記事一覧